MK Happy Life

5年間の台湾駐妻生活を終え、神戸LIFEスタート☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾でよく腹の立つこと

今晩のごはんはまたFRIDAY'Sのサラダが食べたくなり、犬の散歩がてら買いに行った。
テイクアウトでお願いし、他に買い物もあったので「あとで取りに来るね」と伝えた。
買い物を済ませ、戻って外のベンチで待っていた。そのベンチは店員さんからよーく見えるとこだよ。

いつも時間のかかるサラダなので、ちょっと待つ気でいたんだけどぜんぜんできなくて。
時計見たらもう30分も待ってる。

店員さんに「サラダまだできないの?もう30分待ってるんだけど」
というと、 「ちょっと確認してきて」と他の店員が確認しに行った。
またベンチで待ってると何も知らない店員が「可愛い犬ねぇ」みたいなこと言ってくるから、
「ねぇ、サラダ、30分も待ってるんだけど」って言ったらまた確認しに行って。

ここですでにプチッときてた私。
見えるところでずーっと待ってるんだから言われる前に確認してもいいのに怒

そしたら、最後に来た店員(←マネージャーっぽい人)がドリンクサービルするからと。
なんかこういうのが嫌なのよね。

いらないって言ったんだけど、頼まないとまたなんやかんやとうるさいのでお願いしたんだけど。
このときに「まだ作りだしてないの?」と聞くと、「ううん作ってる。ちょっと時間かかってるの」
これ、ぜーったい嘘なんだもん。

その後、2,3分でできました。
そのサラダを持ってきてくれたまたまた別の店員からやーっと「對不起(ごめんなさい)」という言葉がでました。

こういうこと台湾ではよくあること。
・作り出してないのに作ってるよと嘘ついて、すぐにできてくる。
・店員の気が効かない。ずーっと待ってるんだから、おかしいと思わないのか。
・言われなきゃやらない。
・非を認めない。すぐに人のせいにする。
・なかなか誤らない。

それでも、私が来たころより少しよくなってきたような気もする。

5年間の台湾生活でこういうことにも慣れたつもりでいた。

怒っても無駄。怒るだけ損。

でも、やっぱりたまには腹が立ってしまう。
そして、腹を立ててしまった自分にまた腹が立つ。

日本人には腹の立つこと、きっと台湾人にしたら気にならないことなんだよねぇ。

こちらの人がよくいう言葉。3つの
「没問題」→問題ない
「没関係」→大丈夫。気にしないで。
「没辦法」→しょうがない、方法がない

上の2つはいいと思う。
この最後の「没辦法」がくせもの。
もう少し頑張ればできるだろうと思うことも、「だめ。無理。できない。」最後に「没辦法」を言われたらもうなにも言えないのだ(というか、言っても仕方ない)。

これは人種の問題だよね。
もっと大らかに細かいことは気にしない ってふうに自分が変わればいいんだろうけど。
なかなか難しいですわ困り顔

サラダはおうちで美味しくいただきました。
もう腹は立ってないよ・・・顔 ニコ


ランキングに参加してみました↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
ポチリンコお願いしますウインク








スポンサーサイト

プロフィール

MK

Author:MK
台湾での5年間の駐妻生活を終え、本帰国。
神戸で生活することになりました。
神戸の可愛いお店をたくさん紹介したいな☆

家族はオットと愛犬♀

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハート

ブログパーツ
dekiruハート

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。